母乳育児について

WHO・ユニセフが提唱する
当院における10ヵ条の実践内容

この10ヵ条は、お母さんが赤ちゃんを母乳で育てられるように、産科施設とそこで働く職員が実行すべきことを具体的に示したものです。

内野産婦人科では、「母乳育児成功の10ヵ条」を実践しています。

当院の実践

  1. スタッフ教育、スタッフ全員参加の勉強会
  2. 毎月、院内外研修参加
  3. 妊婦教育、母親学級、外来など
  4. 早期母子接触(STS)、カンガルーケア約60分実施
  5. 授乳、搾乳指導
  6. 不必要な糖水、ミルク追加は極力さける。医学的に必要な場合は、追加
  7. 終日、母子同室
  8. 1日8回以上の頻回直母
    赤ちゃんが欲しがるままの授乳
  9. 哺乳びんやおしゃぶりを与えない
    必要な時は、スプーンやカップ授乳
  10. 育児サークルの立ち上げ、紹介

この実践により、当院では、90%~95%の方が母乳だけで育児をされています。(1ヶ月~3ヶ月の健診での平均です)