「自然なお産、自然な母乳育児」

赤ちゃんにやさしい病院

お産と入院

入院から退院まで

入院のタイミング

1.陣痛がきた

2.破水した

3.出血がある

4.腹痛などの症状がある

上記の場合は当院へ連絡してから来院下さい。来院を迷う時は電話でご相談下さい。

入院時に持参するもの

  • さらし腹帯 
  • 生理用ショーツ 2~3枚(一枚は当院の分娩セットに用意しています)
  • 授乳用ブラジャー 又は乳帯
  • バスタオル 3枚 浴用タオル 3~5枚 ガーゼハンカチ 3~5枚
  • ティッシュペーパー
  • 健康保険証 母子手帳

※タオル類には氏名を記入してください。
※赤ちゃんの入院中の衣類は当院にて準備しております。退院時の衣類のみご持参ください。
※分娩セットは当院にて準備しております。
※荷物は最小限度にまとめてください。
※貴重品、特に高額の金銭はお持ちにならないでください。

手術を受ける方も持参品は同じです。

★ 妊婦健診では3D・4Dエコーを導入しています。

テキストB

テキストC

当院で出産されていない方も参加可能です。

出産費用

里帰り出産

当院での出産をお考えの方へ

予約制ではありませんが、妊娠32~34週頃までに紹介状を持って受診して下さい。

それ以前でも一度受診又はお電話下さいますと、妊娠中の過ごし方(母親学級案内)や帰省の時期等をお伝えできます。

その他、ご心配なことはお電話でいつでもご相談ください。

持ってくるもの
・母子手帳
・保険証
・紹介状
・検査データ
・産科医療補償制度登録証控え(登録がお済の場合)

食事メニュー

私たちの体は水と食物からできています。そのため水や食材にこだわり、バランスのとれた体に良い食事を、真心込めて提供しています。

地元産のものを使用し、身近な食材で、退院してからも作っていただけるような家庭料理を心がけています。
また、行事メニューや季節感をとり入れたメニューを提供しています。

入院中にレシピがもらえます。作り方は栄養士にお尋ねください。

まごわやさしい食事

豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いも類などを中心にメニューを工夫しています。

タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかりとりましょう。 産後は必要カロリーも増えます。

入院中は19:00に夜食があります。
生クリームやバターを摂りすぎないように、和風のおやつはおすすめです。

塩分を摂り過ぎないように。

入院中の食事は、だしをしっかりとり、天然の塩にもこだわっています。
加工食品には思いがけない塩分も含まれていますので注意しましょう。

アクセス

 診療案内
 月・水  9:00〜12:30 14:00~17:30
 火・金  9:00〜12:30 14:00~19:00
 木  9:00〜12:30
 土  9:00〜12:30 14:00~16:00
 休診日:日・祝日
 ※急患は随時受け付けております。